HOME < 女性のためのED学 < 「妻だけED」にしないために

夫を「妻だけED」にしないために…

世界の中でもセックスレス大国と呼ばれる日本。ひと昔前は、妻側が夫の求めを拒むケースが多く見られましたが、最近では逆に夫がEDになってしまい、妻が拒まれる場合も増えています。

男性の性欲や性機能は、とてもデリケートなもの。日常生活における夫婦仲も大きく影響を与えますので、夫をEDにしないためには普段からの努力が必要です。

◆妻に対する不満の蓄積が、夫をEDにする!

よく聞かれるのが、「性欲がなくなった」「元気がなくなった」と言っていた夫が、実は隠れてアダルトビデオを観ていたり、外で他の女性と浮気をしたりしていた、というパターンです。 妻は裏切られた気分になってしまい、夫を容赦なく糾弾することでしょう。

ただし、夫は本当に妻とのセックスではEDになってしまうのかもしれません。これが近年急増している「妻だけED」と呼ばれるもので、立派な心因性EDの1つとして扱われています。

誰しも年数が経てば、同じパートナーとの性行為に少なからず「飽き」は来るものです。しかしそれだけではなく、日常生活における小言やケンカ、ダメ出し、居心地の悪さなどが積もりつもって、結果的にEDになってしまう夫も実は多いのです。

もちろん結婚生活を送る中では、お金や家のことなど、あれこれと問題は起きてきます。思い切り文句をぶつけたくなる時もたくさんあるでしょう。 しかし夫とセックスレスになりたくない女性は、やはり日頃から最低限のラインは越えないように気をつける必要があります。

たとえば「あなたって本当にだらしないわね!」「こんな稼ぎじゃやっていけないわ」などなど、相手を打ちのめすような言葉は絶対に言ってはいけません。こうした言葉は、確実に夫のプライドを傷つけ、妻に対して怒りや不満、恐怖感を募らせてしまいます。
よほど精神的にマゾヒスティックな男性でない限り、自分のプライドをズタズタにする女性には性欲が湧かないようにできているのです。

◆居心地のいい家庭を作り、夫に威圧感を与えないようにしよう

男性の勃起には、副交感神経が深く関わっています。これはリラックスするための自律神経ですので、夫婦であれば「居心地のいい家庭」が必須といえるでしょう。

ただでさえ仕事で疲れて帰ってきたのに、家でもあれこれと揉めてしまっては、男性にとって安息の場はなくなってしまいます。ただケンカをしなければいいというわけではなく、会話のない冷めた家庭も、居心地が悪いという意味では同じです。
このような家庭では、夫が妻に威圧感を持ってしまい、EDにつながってしまいます。

その意味では、昔の夫婦は実にうまくできていました。いわゆる亭主関白の家庭では、自然と妻が夫を立てていましたので、夫も男性としての自信を維持することができ、EDにもなりにくかったと思われます。

かといって何でもかんでも許して耐えろというわけではありませんが、現代の女性はもう少し男性に対して寛容になり、口やかましくならない努力が必要かもしれません。それだけでも、夫がEDになる確率はずっと低くなるはずです。