HOME < ED治療を受けよう!

ED治療はどこで受ける?

いざ、ED治療を受けようとなると「どの科へ行ったらいいのだろう」と悩む人もいるかと思います。ひと昔前までは泌尿器科にかかるのが一般的でしたが、ED治療薬が発売されてからは内科や心療内科、また男性専用のクリニックなどでも相談することが可能になりました。

◆他に症状がある場合は、担当医に相談を

男性の下半身に関する症状といえば、真っ先に思いつくのが泌尿器科です。確かにED治療をおこなっているところが多いですし、もしある程度の年齢の男性でLUTS(下部尿路症状)をともなう場合は、他の検査も含めて泌尿器科にかかったほうが安心です。
LUTSとは、排尿に関する症状全般を指します。

また糖尿病や高血圧など、生活習慣病を患っている場合はその担当医に相談するのがもっとも確実です。最近ではEDと他の病気との関連性が色々と明らかになっているため、医師側も患者さんのED相談を気軽に受け付けてくれるようになっています。
もちろん心疾患や脳疾患などで病院にかかっている人も同じです。ぜひ恥ずかしがらずに担当医に相談してみましょう。

体は何でもないけれど、精神的に悩みを抱えている人なら心療内科で相談するのも1つの方法です。実際、心理的な要因から引き起こされる「心因性ED」はかなり多いといわれています。

カウンセリングや向精神薬の処方とあわせて、ED治療薬を出してくれる心療内科もありますので一度相談してみましょう。ちなみに抗うつ薬や向精神薬の中には、逆にEDの要因となるものもありますので(薬剤性ED)、すでに服用している人はその可能性も含めて医師に話してみることが大切です。

◆診察代0円!院内で薬を受け取れる男性用クリニックも

中でももっともかかりやすいのは、男性専用のクリニックかもしれません。EDや男性更年期障害、薄毛治療などを専門に診ている男性患者さんのためのクリニックですので、スタッフも男性のみとなっているところが多く見られます。
普通の病院では、他の患者さんや女性看護師さんの目が気になるという男性でも安心して相談することができるでしょう。

またこういったクリニックのメリットは、かかりやすさやプライバシーへの配慮だけではなく、「診察代がかからないところが多い」ということも挙げられます。ED治療も薄毛治療も健康保険が適用されない自由診療ですので、診察代はクリニックが自由に設定できるのです。
ですから薬代だけもらって、診察代は一切もらわないというシステムをとっているところが少なくありません。

らに薬も院内処方にし、外の調剤薬局に行く必要がないようにしているクリニックがほとんどですので、非常に利用しやすいといえるでしょう。