HOME < 食生活からEDを治そう

インスタント食品に注意!

家を出ればコンビニがあり、ファーストフード店もあっちこっちにある現代では、料理をしなくても手軽に食事を取ることが可能な便利な世の中になっています。

しかし、この便利さが逆には健康には悪影響を及ぼす場合が多く、ED患者の増加も招いているとの意見も多く聞かれます。

◆精子の異常が増加!?

ファーストフード店で提供されるジャンクフードやコンビニの弁当、インスタント食品には多数の添加物が含まれています。
なかには、精子量を減少させたり奇形精子を作ったりする原因と考えられるような添加物もあり、これがEDを加速させているのではと考えられています。
実際に、ジャンクフードを常食としている世代である20代男性は、40代の精子数の約半数だという調査結果も報告されています。

また、正常な人の精子も、その85%に奇形や異常があると言われるなど、状況はかなり深刻です。
この原因は、人工甘味料の一部や防腐剤などのほか、マーガリンを始めとするトランス脂肪酸など、さまざまな添加物の影響ではないかと考えられています。
さらに、コンビニ弁当やスーパーの総菜はプラスチック容器に入っていますが、容器ごと温めることで微量のプラスチックが溶け出し、次第に体内に蓄積されることで害を及ぼしているのではないかと考えられています。
若い男性が「草食系男子」などと呼ばれ、頼りなくなってきたと言われて久しいですが、その背景には精子の問題も大きく関わっていると考えられています。

◆栄養ドリンクの成分

また、多くの人が長時間の仕事を余儀なくされている現代では、栄養ドリンクが必須アイテムとなっている人も少なくないようです。
栄養ドリンクを飲めば、疲れを速やかに解消し、さらに眠気を吹き飛ばすといった効果が期待できます。
しかし、健康面から見ると、栄養ドリンクを毎日摂取するのは、あまりお勧めできません。
栄養ドリンクに含まれるビタミンB類には、疲れを速やかに解消する効果が期待できます。また、その他にもビタミンやミネラルが含まれていますので、偏った栄養状態の人には頼れるドリンクとなっています。
また、多くのドリンクに含まれているカフェインの成分は即効性があり、一時的に疲れを感じにくくする鎮痛効果や、眠気をおさえる効果が期待できます。
しかし、栄養ドリンクには他にもさまざまな添加物が含まれているほか、大量の砂糖も添加されていることなどから、常用しない方がよいと考えられています。
特にカフェインは依存性の高い成分の一つで、習慣的に摂取し続けると止めることが難しくなるものの一つです。

このように、さまざまな問題も抱えている栄養ドリンクですが、最も懸念されることは「疲れの先送り」と言われています。
栄養ドリンクは、今感じている疲れを体から取り除くわけではありません。ただ、疲れを感じにくくしているだけで、体には疲れが蓄積されたままなのです。
つまり、明日の分の元気を前倒しして使っているような状態となっています。

毎日ドリンクを飲み続ければ、いずれどこかで破綻し、体を壊すことにもなりかねません。
さまざまな問題をはらむ栄養ドリンクを常用するよりは、コーヒーに砂糖を入れて飲む方が体にも良く、効果的という声もあります。
もしも習慣的にドリンクを飲んでいるのであれば、一度見直してみることをお勧めします。